エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 健康・福祉・保険 > 高齢者支援 > 安心して暮らすために > 認知症の支援 > 9月21日は世界アルツハイマーデー


ここから本文です。

9月21日は世界アルツハイマーデー

ページID K1030149 更新日  令和2年9月15日  印刷

認知症になっても安心して暮らせるまちを目指して

世界アルツハイマーデー・世界アルツハイマー月間とは?

1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。また、2012年から9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、さまざまな取り組みを行っています。

世界アルツハイマーデー・世界アルツハイマー月間は、認知症に関わるすべての人のものです。この機会を利用し、認知症の理解を深め、正しい知識を学び、介護家族と本人への支援を考え、認知症になっても安心して暮らせる社会づくりにご参加ください。

「認知症を知ろう!つかながろう!認知症パネル展」

日時:9月16日(水曜日)から9月29日(火曜日)まで

場所:高洲公民館1階ロビー

「認知症とは?」、「認知症の方と接するときのポイント」、「認知症の当事者からのメッセージ」などのパネル展示、認知症ケアパスや認知症関連事業のチラシの配布、関連図書コーナーの設置を行います。ぜひ足を運んでみてください。(高齢者包括支援課、中央図書館、高洲公民館の共同事業です。)

早期診断・早期対応が重要です

治せる認知症、進行を抑えられる認知症があります。適切な対応で、認知症の方の心と生活を安定させます。認知症になっても、いきなり何もできなくなるわけではありません。認知症で失われる能力は一部であり、周囲のサポートがあれば、残された能力で生活していくことは可能です。住み慣れた地域で自分らしく生きるために、早期発見・早期対応が大切です。

認知症についての相談先

地域包括支援センター(ともづな)

ともづな(浦安市地域包括支援センター)
担当地区 ともづな名称 電話番号
猫実1・2丁目、堀江、富士見、鉄鋼通り、港、千鳥 ともづな中央 047-381-9037
猫実3・4・5丁目、当代島、北栄 ともづな浦安駅前 047-351-8950
海楽・入船・美浜 ともづな新浦安 047-306-5171・5172
東野、富岡、今川、弁天、舞浜 ともづな富岡 047-721-1027
明海、日の出、高洲 ともづな高洲 047-382-2424

注記:ともづな(浦安市地域包括支援センター)の詳細については、内部リンクをご確認ください。

注記:認知症を相談できる医療機関については、「認知症ケアパス」7ページをご覧ください。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

高齢者包括支援課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所3階)
電話:047-381-9028
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る