エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 健康・福祉・保険 > 障がい者支援 > 障がい者への生活援助 > 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた自立支援医療受給者証(精神通院)の有効期間延長の取り扱い、及び精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた自立支援医療受給者証(精神通院)の有効期間延長の取り扱い、及び精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて

ページID K1029565 更新日  令和2年6月2日  印刷

自立支援医療(精神通院医療)の更新

1 対象者

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に自立支援医療受給者証(精神通院)の有効期間が満了する方で、支給要件の確認方法が「医療用1年目」または、「医療用2年目」の方

2 延長期間

現在の有効期間から1年間

3 手続き

不要

現在お持ちの受給者証は書き換えることなく、そのまま使用することができます。
上記の取り扱いにより有効期間が延長された受給者証は、有効期間以外の記載内容はそのまま引き継がれます。
すでに診断書を取得されている方は従来通りの更新手続きを行ってください。

4 その他

精神障害者保健福祉手帳所持者で自立支援医療受給者証(精神通院)の支給要件の確認方法が「手帳用1年目」または、「手帳用2年目」の方については、臨時的な取り扱いはせず、従来通りの更新申請を行ってください。

精神障害者保健福祉手帳の更新

1 対象者

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に手帳の有効期間を迎える方のうち、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、医師の診断書の取得のみを目的として受診すること等を避けるため、手帳用診断書が取得できない方。(障害年金証書の写しを提出して更新する方は対象外)

2 手続き

更新申請書の提出が必要

臨時的な取り扱いにより、更新を行う場合は、2回に分けて申請を行うことになります。

現在お持ちの手帳の有効期間の日から1年以内は診断書の提出を猶予したうえで、有効期限を更新(2年間)します。ただし、診断書の提出が免除されたものではなく、1年以内に必ず提出する必要があります。(具体的には次のとおり)

(1)現在お持ちの手帳の有効期間内に行う更新申請

  1. 申請書
  2. 顔写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル)
  3. マイナンバー関係書類

(2)診断書が取得できた際に行う更新申請

  1. 精神障害者保健福祉手帳用診断書
  2. 顔写真(たてセンチメートル×よこ3センチメートル)

  注記:顔写真は診断書審査の結果、等級変更になった場合に使います。
 

なお、更新後の障害等級はこれまでの等級とし、1年以内に診断書が提出された際に千葉県で判定を行い、等級が変更、非該当になる場合があります。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

障がい福祉課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所3階)
電話:047-712-6393 ファクス:047-355-1294
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る