エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 健康・福祉・保険 > 健康づくり・感染症などの予防 > 感染症などのお知らせ > 新型コロナウイルス関連情報 > 日常生活の中でできる感染予防


ここから本文です。

日常生活の中でできる感染予防

ページID K1029265 更新日  令和2年6月10日  印刷

ウイルスを拡散させないために

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんなどで手を洗いましょう。持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。発熱などの風邪症状が見られるときは、会社や学校を休んでください。発熱などの風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。医療機関を受診される場合は事前の連絡をするようお願いいたします。

人との接触を減らす、10のポイント(厚生労働省)

買物の際にも次の点に留意しましょう
新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック(東北医科薬科大学病院)

東北医科薬科大学病院のホームページでは「市民向け感染予防ハンドブック」が公開されています。

感染予防方法や家庭内での看病などについて掲載されていますので、ご活用ください。

新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書(諏訪中央病院)

諏訪中央病院のホームページでは「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」が公開されています。

新型コロナウイルス感染症の基礎知識や予防方法などについて、イラストとともにわかりやすく掲載されていますので、ご活用ください。

個人での感染予防

咳エチケットや手洗いなど、通常の感染症対策を行うことが重要です。

感染症対策(マスク・せきエチケット)(厚生労働省)

基本的な感染予防方法

人から人への感染予防

不特定多数の人が接触するおそれがある場所では、集団感染の可能性が高まります。

感染予防につながる生活習慣

日常生活を見直そう

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が公表されました。感染拡大を防止するためには、手洗いをすること、マスクをすることなどが重要になります。ご自身や大切な人たちのためにも、感染を予防するための行動をこころがけましょう。

家の中でも体を動かしましょう

自宅でできる軽い運動や、窓拭きなどの体を使う家事を積極的に行いましょう。

おうちでできる体操やストレッチ、エアロビクス
おうちでできる「なぞとき」や「ぬりえ」、簡単おやつレシピなど
そのほか紹介されている運動の情報はこちら

”食べる””話す”ために大切な「お口」の運動不足に注意

会話量が減ると、お口の運動不足や唾液減少が原因の「口腔トラブル」が起こりやすくなります。
毎食後の歯みがきに加えて、次のケアも取り入れてみてください。

●糸ようじなどの歯間ケア(口臭・むし歯・歯周病予防)
●舌みがき(誤嚥性肺炎予防・口臭予防)
●顔や舌の筋力低下予防のための体操(ムセ予防・滑舌がよくなる)
●よく噛んで食べる(唾液量・口の筋力アップ)

バランスよく食べましょう

免疫能を維持するためにも、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

  • 栄養バランスよく食べるには和食の基本「主食」「主菜」「副菜」をそろえましょう。
  • 学校給食がない日は、ある日と比べてカルシウム不足になるとのデータがあります。カルシウムをとるようにしましょう。

妊婦のみなさま、子どものいるご家族へ

新型コロナウイルス感染症について、国内外において感染者報告が大人に比較して少ないことから、現時点で分かっている妊婦および子どもに関する情報はまだ十分ではありません。

新型コロナウイルス感染症に関する妊婦についての情報

新型コロナウイルス感染症対策 妊婦の方々へ 5月14日版(厚生労働省)

妊婦に見られる特徴や症状(日本産婦人科感染症学会 4月17日現在)

  • 胎児の異常・流産・早産・死産のリスクが高くなる報告はない。
  • 子宮内における胎児のウイルス感染が疑われる例の報告がある。
  • 症状の経過や重症度は妊娠していない人と変わらないとされている。
  • 大きくなった子宮が横隔膜を持ち上げて肺を圧迫するために、新型コロナウイルス感染症に関わらず、一般的に肺炎が重症化する可能性がある。
  • 妊娠中はレントゲン撮影や使用できる薬剤に制限がある。

新型コロナウイルス感染症に関する子どもについての情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)子どものいるご家族へ 5月12日版(厚生労働省)

子どもに見られる特徴や症状(日本小児科学会 4月12日現在)

子どもは正確に症状を訴えられないことから注意が必要です

  • 感染のしやすさは大人と変わらない。
  • 家庭内で感染している例が多い。
  • 発熱や乾いた咳が認められるが、鼻水や鼻づまりは比較的少ない。
  • 発熱が続き肺炎になる事例もある。
  • 一部では腹痛・嘔吐・下痢も認められている。
  • 嗅覚や味覚の異常については現時点では不明。
市の事業などの情報はこちら

シニアのみなさまへ

高齢者や基礎疾患のある方で重症化するリスクが高いと報告されています

「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント(日本老年医学会)

今こそ介護予防!

「動かない」状態が続くことにより、心身の機能が低下し「動けなくなる(介護を必要とする状態)」となるおそれがあります。また、体力が落ちると、免疫力も落ちてしまいます。健康を維持するために、できることから取り組みましょう。

自宅でできるストレッチや体操、口腔体操など
各自治体や団体で公表している運動やストレッチはこちら

不安な気持ちをそのままにしない

人は話すことで癒されます

少しだけ勇気を出して連絡してみてください。

不安になっていませんか?新型コロナウイルスとこころのケア

一人一人が ”今” 考えたいこと

「感染症」は病気そのものの脅威のほか、未知のものであり分からないことが多いことから起こる不安、不安から起こる偏見など、ウイルス以外にも周囲へ「感染」してしまうものがあります。

今、改めて自分の考え方や行動を見つめ直し、明日からの行動を選択しましょう。

新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!(日本赤十字社)

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康増進課
〒279-0004 千葉県浦安市猫実一丁目2番5号(健康センター1階)
電話:047-381-9059 ファクス:047-381-9083
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る