エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 健康・福祉・保険 > 健康づくり・感染症などの予防 > 健康づくり > 健康づくり(子どもの歯の生えかわり )


ここから本文です。

健康づくり(子どもの歯の生えかわり )

ページID K1027038 更新日  令和1年8月15日  印刷

子どもの歯の生えかわり

学校健診の時期になると親御さんから「永久歯がなかなか生えてこない」「お友達は乳歯が抜けているのにうちの子はまだ」など生えかわりに関する心配の声を耳にします。
そこで今回は子どもの歯の生えかわりについてお話ししたいと思います。

永久歯は上下それぞれ14本ずつあります(親知らずは除く)。
生えかわりの時期は、まず6歳前後に下の前歯と上の奥歯が生え始め、最終的には13歳前後に上顎の一番後ろに第2大臼歯(7番目の歯)が生えて、永久歯の歯並びが完成します。(ここでは便宜的に,歯を真ん中の前歯から奥歯に向かって、順に1番目(以下、略),2,3・・・と数えることとします。)歯が生えてくる順序は、男女とも上顎が1→6→2→4→3→5→7、下顎が1→6→2→3→4→5→7の順になる子どもが多いようです(日本小児歯科学会調査)。それぞれの歯の生えかわり時期には2年ほどの個人差があります。生えかわり時期は個人差が比較的大きいため,あまり心配しすぎる必要はないかと思います。6歳半を過ぎても永久歯が生えてこない場合には一度、歯科医院で検査をしてもらうことをお勧めいたします。
(浦安市歯科医師会)

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

健康増進課
〒279-0004 千葉県浦安市猫実一丁目2番5号(健康センター1階)
電話:047-381-9059 ファクス:047-381-9083
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る