エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 健康・福祉・保険 > 健康づくり・感染症などの予防 > 健康づくり > 健康づくり(歯の破折)


ここから本文です。

健康づくり(歯の破折)

ページID K1028427 更新日  令和2年2月15日  印刷

歯の破折

「虫歯ではないのに歯がしみる」「かむと痛い」といった経験はありませんか。もしかしたら、歯にひびが入っているのかもしれません。
 米国では、歯のひびの入り方によって5種類に分類しており、歯根にひびが入っている場合は抜歯をすることもあります。
 8020推進財団が行った調査では、歯根破折が永久歯の抜歯源因となったケースが、平成17年は11.4%、平成30年は17.8%と増加傾向にありました。神経が残っている歯は、早めに対処することで大難を小難に変えることができるかもしれません。
 また、歯にひびが入る原因は、噛み合わせや習癖、根の治療などと考えられています。
 かむと痛いという症状は、SOS信号かもしれませんので、早めに歯科医院で受診しましょう。
(浦安歯科医師会)

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

健康増進課
〒279-0004 千葉県浦安市猫実一丁目2番5号(健康センター1階)
電話:047-381-9059 ファクス:047-381-9083
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る