エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 健康・福祉・保険 > 健康づくり・感染症などの予防 > 健康指導と相談窓口 > 9月10日から16日は自殺予防週間です


ここから本文です。

9月10日から16日は自殺予防週間です

ページID K1023791 更新日  平成22年8月27日  印刷

いのちの電話

つなガール・ささエール

大切な人の「いのち」を支える。あなたもゲートキーパーになりませんか?

ゲートキーパーってなに?

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話をきいて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。
ゲートキーパーになるには、必要となる特別な資格はありません。
「こころがけ」ひとつで誰でもゲートキーパーになることができます。

ゲートキーパーって何をすればいいの?

ゲートキーパーには、気づき、傾聴、つなぎ、見守りの5つの役割が期待されています。

気づき

眠れない、食欲がない、口数が少なくなった、家族や仲間の様子が「いつもと違う場合」、もしかしたら悩みを一人で抱えているかもしれません。死別体験や過重労働・配置転換・昇進・引越し・出産など生活の「変化」は悩みの大きな要因となります。一見、他人には幸せそうに見えることでも、本人にとっては大きな悩みになる場合があります。

声かけ

大切な人が悩んでいることに気づいたら、「何か力になれることはない?」と勇気を出して声をかけてみてください。

傾聴

まずは話せる環境をつくり、本人の気持ちを尊重して相手の感情を否定せずに耳を傾けてください。話を聞いたら「大変でしたね」「よくやってきましたね」とねぎらいの気持ちを言葉で伝えましょう。

見守り

相談窓口を紹介した後にも、「何かあったらまた話して」と温かく緩やかに見守ってください。

つなぎ

悩みを打ち明けてくれたら、早めに専門家に相談するよう、相談窓口を紹介してあげてください。

浦安市には、さまざまな相談窓口があります

相談窓口一覧パンフレットは健康センターで配布しています。

ささえるわ

浦安市ゲートキーパー養成講座に参加しませんか?

悩みを持つ人の心の声に耳を傾け、寄り添う方法

傾聴と見守りなどの対応方法を、ロールプレイで学んでみませんか?

日時:平成30年9月28日(金曜日)午後2時から午後4時
会場:浦安市健康センター 第一会議室
定員:先着60人
講師:田口 学 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科研究員・臨床心理士・精神保健福祉士)
申し込み:9月3日(月曜日)午前9時から、電話で、健康増進課へ 電話:047-381-9059

全員集合

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

健康増進課
〒279-0004 千葉県浦安市猫実一丁目2番5号(健康センター1階)
電話:047-381-9059 ファクス:047-381-9083
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る