エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 子育て・教育 > 保育園・幼稚園 > 認可保育園・認定こども園 > 保育園給食用食材の放射性物質の検査結果 > 保育園給食用食材の放射性物質の検査について


ここから本文です。

保育園給食用食材の放射性物質の検査について

ページID K1000870 更新日  平成26年7月18日  印刷

東日本大震災における原子力発電所の被害により、放射性物質が拡散し、農作物などへの影響が生じており、保育園給食においても、安全・安心の確保が求められています。

千葉県は、生産・出荷段階で実施されている検査体制を踏まえつつ、保育園給食のより一層の安心・安全を確保するため、放射性物質検査機器による、使用予定食材の事前検査を行う「学校給食用食材放射性物質検査事業」を、平成24年6月から実施しています。

浦安市は、この事業に参加しており、継続的に給食用食材の放射性物質検査を行っていきます。
検査結果は、随時、市ホームページでお知らせします。

検査方法

ヨウ化ナトリウムシンチレーションスペクトロメーターによりスクリーニング検査を行い、放射性セシウムが50ベクレル/キログラムを超えた食材については、ゲルマニウム測定を行います。

検査対象食材

保育園給食で使用を予定している頻度の高い食材や、旬のものを選定します。

検査食材数と検査サイクル

平成24年6月以降、月2回12食材(1回6食程度)。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保育幼稚園課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所2階)
電話:047-712-6439 ファクス:047-351-3266
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る