エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > こども・子育て > 妊娠・出産 > 不妊治療 > 卵子・卵巣凍結保存技術を活用した不妊治療研究が終了します


ここから本文です。

卵子・卵巣凍結保存技術を活用した不妊治療研究が終了します

ページID K1021613 更新日  平成30年2月5日  印刷

浦安市が補助を行っている、順天堂大学医学部附属浦安病院の行う、卵子・卵巣凍結保存技術を活用した不妊治療研究が、当初の予定通り平成30年3月31日(土曜日)で終了します。
この研究による卵子の凍結手術を希望する方は、3月31日までに手術を受ける必要がありますので、ご注意ください。
なお、卵子凍結手術を希望する方については、事前に順天堂大学医学部附属浦安病院の行う社会性不妊治療研究セミナーの受講が必須条件となります。
注記:2月のセミナーについては下記のリンクをご参照ください。また、3月のセミナーについては2月15日(木曜日)以降に広報うらやすや市ホームページでお知らせしていきます

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

健康増進課
〒279-0004 千葉県浦安市猫実一丁目2番5号(健康センター1階)
電話:047-351-1111 ファクス:047-381-9083
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る