エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 計画・取り組み > 市民参加・協働 > 市民参加・協働の取り組み実績 > 浦安市の「市民参加型介護予防事業」が国の「地域包括ケアシステム」事例集成50選に選ばれました


ここから本文です。

浦安市の「市民参加型介護予防事業」が国の「地域包括ケアシステム」事例集成50選に選ばれました

ページID K1013927 更新日  平成28年3月30日  印刷

高齢者が尊厳を保持し、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるように、地域で包括的に支援し、サービスを提供していく体制が地域包括ケアシステムです。
国はこの地域包括ケアシステムの構築を進めていますが、その取組モデルとして、浦安市が厚生労働省の取組事例50選に選ばれました。

浦安市の地域包括ケアシステムは、市民との協働で介護予防を進めている点が高く評価されました。
市が実施した「介護予防リーダー養成講座」の第1期修了生が、「介護予防を他の市民にも広めたい」と市民団体「浦安介護予防アカデミア」を設立し、市が提示したテーマに対して「市民参加型介護予防事業」を提案しました。平成22・23年度の協働提案事業として行われ、現在も猫実地域包括支援センターとの協働で実施されています。
市民が担い手となることで介護予防活動の回数・参加者数が大きく増え、裾野が広がっており、団体間の連携にも広がりを見せています。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

協働推進課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所3階)
電話:047-712-6059
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る