エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 広報 > フォトレポート > 平成31年・令和元年 > 令和元年8月のフォトレポート > 第18回全国車いすバスケットボール大学選手権大会・競技体験会が開催されました(令和元年8月17日)


ここから本文です。

第18回全国車いすバスケットボール大学選手権大会・競技体験会が開催されました(令和元年8月17日)

ページID K1027284 更新日  令和1年8月17日  印刷

写真:試合開始の様子

8月17日、運動公園総合体育館メインアリーナで、第18回全国車いすバスケットボール大学選手権大会と競技体験会が開催されました。

この大会では、障がい者と健常者がともに協力しながら競技をし、全国で活躍する大学が学生日本一の座を争います。
主催している日本車いすバスケットボール大学連盟は、性別も関係なく、誰もが一緒に楽しめるスポーツとして、大学生を対象に普及啓発をしています。
この車椅子バスケットボールは、一般のバスケットボールとコートの大きさ、ゴールの高さ、ボールの大きさは同じです。ルールとして主に違う点が、ダブルドリブルが無いこと、ボールを持っている時に車椅子を3回以上漕ぐとトラヴェリングになること。
大会が始まると、日頃の練習の成果が発揮され、車椅子の片輪を上げた高さのあるパスや車椅子がぶつかる音が響くほどの激しいプレーが繰り広げられました。
競技体験会では、初めに選手によるデモンストレーションが披露され、その後、参加された方々が実際に車椅子に乗って体験をしました。慣れない車椅子の操作に難しさや戸惑いを感じている様子でしたが、選手たちの優しいリードのおかげで、ボールを扱いながら車いすを乗りこなせるようになってきました。
体験後にはゲームを行い、初めてとは思えないほどの熱い試合が繰り広げられました。試合が終わるとハイタッチをする子どもたちもいるなど、大いに楽しんだ様子でした。
18日(日曜日)は、9時30分から3位決定戦、11時から体験会、午後には決勝戦が行われます。この機会に試合観戦と体験をしてみてはいかがでしょうか。

写真:シュートを防いでいる様子

写真:体験会の様子

写真:体験後の試合をしている様子

写真:体験会に参加された方々の集合写真

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

広聴広報課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所3階)
電話:047-712-6056 ファクス:047-353-2453
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る