エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 環境・生きもの > 環境保全に関する注意とお願い > 冬期の大気汚染防止のために取り組みましょう


ここから本文です。

冬期の大気汚染防止のために取り組みましょう

ページID K1006342 更新日  平成29年11月1日  印刷

11月から1月までの3カ月間は、大気汚染防止のための冬期対策実施月間です。

冬期は大気がよどみやすく、大気汚染物質の濃度が高くなる状況にあります。
自動車や暖房機器などからの大気汚染物質の排出を抑制するために、以下の取組みにご協力をお願いします。

省エネに努めましょう

冬期は気温低下による暖房機器・給湯機器の使用増加、日照時間の短縮による照明機器の使用増加によりエネルギーを多く使用します。それに伴い、CO2の排出量も増加します。詳しくは以下の「冬の省エネに取り組みましょう」に取組み例を載せていますのでご覧ください。

大気汚染物質の排出の少ない暖房機器を使用しましょう

暖房機器やガス給湯器の買い替え時には、大気汚染物質の排出の少ない機器を選びましょう。また、厚着をする、カーテンを厚手のものに替えるなど、ちょっとした工夫で暖房器具の使用を抑えることができます。

公共交通機関を積極的に利用しましょう

イラスト:バス

自家用車の使用を可能な範囲で控え、バスや電車などの公共交通機関を積極的に活用しましょう。また、自転車、徒歩での移動はCO2を排出しない究極の「エコ」です。その際は交通安全に十分注意しましょう。

市内のバスでは乗換時の割引制度が始まりました。詳しくは、下のリンクをご覧ください。

自動車を利用する場合は、環境負荷の少ない車を選びましょう

現在、ハイブリッド車やEV車をはじめ、さまざまなエコカーがあります。エコカーへの乗り換えはCO2を大幅に削減できるだけでなく、エネルギー消費を抑えることでランニングコストを節約でき、経済的です。
以下のリンクでは九都県市が指定する低公害車を紹介しています。

また、自家用車を持たず、カーシェアリングを活用することも環境にやさしい選択です。1台を多数の人で共同利用することで1人あたりのCO2排出量を削減できるとともに、市街地中心部の渋滞緩和にも効果があります。

エコドライブを実践しましょう

ロゴ

自動車運転の際、ふんわりアクセルやアイドリングストップなどのエコドライブを実践すると、燃料消費量を最大で約1/4削減できるというデータもでています。エコドライブは燃費も良くなり経済的、そして加減速の緩やかな周囲に気を配った運転を実践することで交通事故も減り、安全にもつながります。

ご存知ですか?ハイブリット車のエコドライブはガソリン車と異なります。詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境保全課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所6階)
電話:047-352-6482
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る