エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 環境・生きもの > 環境保全の取り組み・計画 > 地球温暖化防止のためにできること > 冬の省エネに取り組みましょう


ここから本文です。

冬の省エネに取り組みましょう

ページID K1006341 更新日  平成29年11月1日  印刷

冬は、エアコンやこたつ、電気カーペットなどの暖房機器の長時間使用が多くなります。また、日照時間も短くなるため、照明の使用時間も増えます。エネルギーの大量消費は地球温暖化にもつながります。すでに夏の省エネにご協力いただきましたが、冬も継続して無理のない範囲で省エネにご協力いただきますようお願いします。

グラフから見るエネルギー消費の割合

写真:家庭からの二酸化炭素排出量

右のグラフは、平成25年度の家庭のエネルギー消費割合を用途別に示したものです。このグラフから、冬に使用頻度が高い、暖房・給湯が半分以上を占めていることがわかります。また、日照時間が短くなるため照明の使用時間も増加します。冬の省エネ対策は地球温暖化防止・大気汚染防止の観点からも非常に重要です。

身近で簡単なことから冬の省エネに取り組みましょう。下記に具体的な取組み例を載せていますので無理のない範囲で冬の省エネにご協力お願いします。

家庭でできる主な省エネ術

衣・食・住を工夫して寒い冬でも快適に

写真:ロゴ

環境省は地球温暖化防止対策の一つとして、暖房時の室温設定が20度以下でも、心地よく過ごすことのできるライフスタイル「ウォームビズ」を推奨しています。これは職場だけではなく家庭でも実践できる取組です。衣食住を工夫して寒い冬を温かく乗り切りましょう。

「衣」の工夫例:寒いときは一枚多く着ましょう。

  • 厚手のカーディガンを羽織る。
  • ひざ掛けを使用する。
  • 厚手の靴下、ルームシューズを履く。
  • 機能性素材のインナーを着る。

体感温度が2度から3度上昇します。

「食」の工夫例:体の温まるものを食べましょう。

  • 朝食をしっかり摂り、食生活を整え、寒さに強いからだをつくりましょう。
  • 根菜や、生姜、唐辛子など体の温まる食材を取り入れましょう。
  • 「鍋料理」で体も部屋もあたためましょう。

根菜などには新陳代謝を高める働きがあります。

「住」の工夫例:家電製品の効率的な使用を心掛けましょう。

  • エアコンは低めの温度に設定し、扇風機やサーキュレーターなどで暖かい空気を循環させましょう。
  • カーテンを厚手のものに換え、部屋の保温効果を高めましょう。
  • 照明のかさやカバーが汚れると明るさが低下するので、こまめに掃除しましょう。
  • 日中は積極的に外の光を取り入れましょう。

部屋の暖房を消し、みんなでお店などの暖かい場所に集まる「ウォームシェア」も効果的な省エネ術です。

かしこい機器選びのポイント

環境省ホームページからご覧になれる「省エネ製品買換ナビゲーションしんきゅうさん」では、現在使用している家電を、最新の省エネ型家電に買い替えた際の効果を確認することができます。

うちエコ診断

省エネ家電、地球温暖化などに関する幅広い知識を持ったうちエコ診断員が、各家庭を診断し、無理なく取り組むことができる各家庭に合わせた具体的な省CO2・省エネ対策を提案します。

詳しくは、家庭エコ診断制度運営事務局ホームページをご覧になるか、お問い合わせください。

問い合わせ

千葉県環境財団 電話:043-246-2180

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境保全課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所6階)
電話:047-352-6482
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る