エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 住まい・交通 > 交通安全 > 自転車の通行ルールが変わりました


ここから本文です。

自転車の通行ルールが変わりました

ページID K1000492 更新日  平成20年6月1日  印刷

こどもからお年寄りまで利用者の多い自転車は、手軽な乗り物ですが、一方で事故も多発しています。このため、道路交通法が改正され、6月より自転車の通行ルールも一部変更となりましたので、紹介します。

自転車の歩道通行要件を明確化

改正前は、「道路標識等により歩道通行できる」とだけされていた条件が、次のように変わります。

普通自転車が歩道を通行できるのは

  • 道路標識などで指定された場合
  • 運転者が幼児・児童などの場合
  • 車道または交通の状況からみてやむを得ない場合

注記:自転車は車の仲間なので、歩道は歩行者優先で通行しなければなりません。

こどもは乗車用ヘルメットを着用

自転車の事故で最も気を付けたいのは、頭のけがです。ヘルメットを着用することで、転んだりぶつかったりした時に頭を保護して大けがを防ぎます。
幼児・児童(13歳未満の者)を保護する責任のある方は、幼児・児童を自転車に乗車させるときは、乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければなりません。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

交通安全課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所6階)
電話:047-712-6594
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る