エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 税金 > 個人住民税 > 税制改正 > 平成22年度から実施される個人住民税の改正内容


ここから本文です。

平成22年度から実施される個人住民税の改正内容

ページID K1003270 更新日  平成22年1月13日  印刷

上場株式などの配当所得と譲渡損失との間での損益通算が可能になります

上場株式などに係る配当所得について申告した場合、「総合課税」と「申告分離課税」のいずれかを選択できるようになりました。
「申告分離課税」を選択した場合、上場株式などの譲渡損失との間で損益通算ができるようになりました。
なお、「申告分離課税」を選択した場合は配当控除の適用はありません。

住宅ローン控除

平成21年から平成25年に入居した方への住民税の住宅ローン控除制度が創設されました

平成21年から平成25年に入居し、所得税の住宅ローン控除の適用を受けた方について、所得税から控除し切れなかった額を住民税から控除する制度が創設されました。
なお、住民税の住宅ローン控除を受けるために、申告書を提出する必要はありません。
注記:平成19年・平成20年入居の方については、所得税で控除期間を延長する特例措置が設けられているため、住民税の住宅ローン控除の適用はありません。

住民税の住宅ローン控除申告書の提出が不要になります

平成11年から平成18年に入居した方に対しては、税源移譲に伴う住民税の住宅ローン控除について、適用を受けるために、住宅ローン控除申告書を提出していただいていましたが、税制改正により、原則的に提出する必要がなくなりました。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民税課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所2階)
電話:047-712-6212
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る