エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 税金 > 税の申告と納付 > 延滞金などの割合が変わります


ここから本文です。

延滞金などの割合が変わります

ページID K1000317 更新日  平成25年7月15日  印刷

平成26年1月1日以降の市税や使用料、負担金などにかかる延滞金と還付加算金の割合の特例が、次のとおり変更になります。

延滞金と還付加算金の割合

延滞金

  • 本則=14.6パーセント
  • 現行(平成25年12月31日まで)の特例=14.6パーセント(本則を適用)
  • 改正後(平成26年1月1日以降)の特例=特例基準割合+7.3%(特例基準割合を2.0パーセントとした場合=9.3パーセント)

(納期限の翌日から1カ月以内)

  • 本則=7.3パーセント
  • 現行(平成25年12月31日まで)の特例=4.3パーセント(公定歩合+4パーセント)
  • 改正後(平成26年1月1日以降)の特例=特例基準割合+1パーセント(特例基準割合を2.0パーセントとした場合=3.0パーセント)

還付加算金(市から納税者への還付金などに付される利息)

  • 本則=7.3パーセント
  • 現行(平成25年12月31日まで)の特例=4.3パーセント(公定歩合+4パーセント)
  • 改正後(平成26年1月1日以降)の特例=特例基準割合(特例基準割合を2.0パーセントとした場合=2.0パーセント)

特例基準割合とは

財務大臣が告示する割合【国内銀行の貸出約定平均金利(新規・短期)の年平均】に1%を加算した割合。
現在、貸出約定平均金利の年平均(平成23年10月から平成24年9月)が1.0%のため、特例基準割合は2.0%となる。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

収税課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所2階)
電話:047-712-6229
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る