エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 安全・安心 > 消防 > 東京都新宿区における二酸化炭素消火設備の放出事故を受けた注意喚起について


ここから本文です。

東京都新宿区における二酸化炭素消火設備の放出事故を受けた注意喚起について

ページID K1032332 更新日  令和3年4月28日  印刷

地下駐車場などに使用される二酸化炭素消火設備の点検作業などにおける労働災害の防止

令和3年4月15日に東京都新宿区において、二酸化炭素消火設備から何らかの原因で二酸化炭素が放出され、死者4人、負傷者2人が出る事故が発生しました。
事故原因については、現在、関係機関において調査中です。
同設備が設置されている対象物の建物関係者および点検などに従事する関係者は、類似事故の発生を未然に防ぐために改めて安全対策の徹底をお願いします。

1

工事をする場合 

有資格者が立ち会って監督を行い、必要な安全対策がなされる体制を確保する。

例:第三類消防設備士、第一種消防設備点検資格者(注記:二酸化炭素消火設備を熟知した者)

2 工事を開始する際 工事従事者に対して、消火剤が放出されないように閉止弁を閉止するなどの措置を講じなければ、当該工事を開始しないなどの安全対策の内容を説明し、確実な履行を徹底する。
3 日常の取り組み 設置されている設備について、維持管理方法および操作方法について定期的に確認を実施し、誤操作などを絶対に起こさない防止対策に取り組む。

現在、総務省消防庁から、この事故に関する通知および事務連絡が発出されています。別添の「総務省消防庁 通知・通達」から最新の情報を確認してください。また、過去に発出されているガイドラインについても掲載します。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

消防本部予防課
〒279-0004 千葉県浦安市猫実一丁目19番22号
電話:047-304-0143 ファクス:047-355-7733
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る