エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 環境・生きもの > 羽田空港騒音問題 > 羽田空港騒音問題対策 > 羽田空港再拡張事業について


ここから本文です。

羽田空港再拡張事業について

ページID K1015730 更新日  平成28年12月8日  印刷

羽田空港では平成22年10月にD滑走路がオープンし、現行の滑走路4本での運用となりました。併せて国際定期便が就航開始、24時間開港など、空港機能が大幅に強化されました。

滑走路の運用強化にかかる飛行ルートの変更や就航便増加により、空港の近隣市である本市でも騒音影響を受けています。

再拡張事業までの経緯など

空港の再拡張にあたり、国から平成15年当初に示されたルート(案)としては、南風悪天候時の運用(年間便数の5%程度)において、市域上空を飛行するものとされていました。

そのため、平成16年2月、本市より国に宛て抗議書を提出。その結果、新たに造られる滑走路の調整等が図られ、市域上空を避け、近傍を通過する飛行ルートが設定されました。また、空港の24時間化に伴う深夜早朝便の就航に際しても、夜間の騒音影響軽減に向けた要望を行ないました。

県と関係自治体で構成される協議会に参加し、空港の運用方法を随時監視、国と協議を行なっています。

浦安市の活動

  •  「羽田空港再拡張事業に関する要望書」 (国土交通省宛て 平成15年12月)(市川市・船橋市連名)
  • 「羽田空港再拡張事業に関する抗議書」 (国土交通省宛て 平成16年2月)
  • 「羽田空港再拡張後の飛行ルートに対する意見書」 (国土交通省宛て 平成16年2月)(県・関係14市連名)
  • 「羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会」 (平成18年から 随時会議)(千葉県および25市町)
  • 「羽田空港再拡張事業に伴う飛行ルートについての要望書」 (国土交通省宛て 平成22年2月)

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境保全課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所6階)
電話:047-352-6482
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る