エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 環境・生きもの > ペット > 犬の飼い方について


ここから本文です。

犬の飼い方について

ページID K1000654 更新日  平成28年7月19日  印刷

他人に迷惑をかけない犬になるために

近年、飼い主のモラルの低下が大きな問題になっており、ペットの飼い方に関する苦情が多数寄せられています。このようなマナー違反により近隣の住民が犬嫌いになることもあります。
ペットも地域社会の一員です。物言えぬペットだからこそ、飼い主の気遣いが必要です。みんなに愛されるペットを目指し、地域社会の調和を保ちましょう。

散歩のマナー

必ず引き綱をつけましょう

散歩中は必ず引き綱をつけましょう。引き綱をつけないと、人に危害を加えたり、交通事故にあう危険が高くなります。また、飼い主の目の届かないところで、拾い食いをするなどの危険もあります。
どんなに普段おとなしくてやさしい犬でも、パニックに陥ってしまえば何をしてもおかしくはありません。とっさのときに飼い主がしっかりと犬を制御できるよう、犬は引き綱をつけて散歩させましょう。

ふんの後始末

家の前や公共の場所を糞尿で汚され、迷惑している人からの苦情が年々増えています。飼育場所についても常に清潔にして、悪臭やハエなどを発生させないように気をつけましょう。
周辺の環境を清潔に保つことは、飼い主の当然のマナーです。糞尿は必ず自分の敷地内で済ませましょう。
また、散歩のときはふん入れを持って歩き、万が一、自分の敷地外で排泄してしまったときはきちんと片付けましょう。

しつけと訓練

お手やおすわりのような芸をできる犬が、飼いやすい犬とは限りません。お手やおすわりはあくまで訓練であり、ペットが家庭や地域社会と共存していくために必要なのは、しつけです。
犬とともに生活するため、あるいはしつけや訓練をして楽しむときにも犬の本能や習性、考え方を理解する必要があります。
犬は元々群れを作る動物であり、その中で順位を決めて生活し、その中でより上位になろうとする本能(権勢本能)を持っており、上位のものは下位のものに対して支配的にふるまいます。それと同時に犬はより上位のものに従う本能(従属本能)を持っており、それによって群れとしての統制を取っています。
それは家庭の中でも同様で、家族で犬の意思を尊重し、犬の欲求に従い、犬の言いなりになっていると、犬は自分が家族の中で上位のものと認識し、犬が主導的に行動するようになります。それがエスカレートすると、しつこく吠えたり、自己主張が強くなって服従しないものに対して威嚇したり、攻撃したりするようになります。
これらの問題行動は、幼年期から正しいしつけをしっかりと行うことで最小限に抑えることが可能です。
しつけは、犬が人に従順に従うことを身に付けさせ、人間社会に同居することにストレスを感じることなく、犬が幸福な満足感の中で生涯を過ごさせることができる手段です。

いろいろな刺激に慣れさせる

配達員や来客、他の犬に対して威嚇や攻撃を行う犬の多くは、社会化期(生後20日から70日)から幼弱期にかけて、社会になれることが十分できなかったことが原因であると思われます。この時期にさまざまな刺激(屋外、雑踏などの環境や他の犬、他人、他のこども、自動車などの物体)に十分に触れ合うことが大切です。

人がリーダーであることを覚えこませる

犬はいつもより順位的な上位に位置することを求めると同時に、頼りがいのあるリーダーを求めているために、飼い主に主導力がないような安定感のない順位関係は好みません。兄弟程度の順位関係では、犬は家族を無視したり、逆らったり、命令を拒否したりします。
訓練士が犬を自由自在に訓練できるのは、犬のボスとして君臨し、完全にリーダーシップを取っているからです。
したがって、子犬のころから犬を従属者と位置付けて家族全員が主導的に犬と接し、従属者として誠実にかわいがっていると、犬は従順な行動を身に付け、従順な対応をするようになります。
注記:体罰による「しつけ」は全くの逆効果です。動物虐待にもつながりますので、絶対にやめましょう。市では、定期的にしつけ方教室を開催しています。開催日時などは、広報うらやすなどでお知らせします。

不妊・去勢について

犬は7カ月くらいで性成熟が訪れ、発情・生殖行動などの性行動が見られるようになります。しかし、飼い主が子犬を望まないのであれば、人の都合で理不尽な死を押し付けられる犬を少しでも減らすために、去勢・不妊について考えましょう。

飼い犬が人や犬をかんだら

飼い主もかまれた人も、速やかに市川健康福祉センターへ連絡し、その指示にしたがってください。

問い合わせ:市川健康福祉センター(電話:047-377-1101)

犬が迷子になったら

飼い犬が放れて行方不明になってしまった場合や、迷い犬を保護した場合は、速やかに浦安警察署へ届け出るとともに、市へご連絡ください。

問い合わせ:浦安警察署 (電話:047-350-0110)

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境衛生課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所6階)
電話:047-712-6492
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る