エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 住民票・戸籍・印鑑登録・パスポート > 外国人住民の方


ここから本文です。

外国人住民の方

ページID K1000258 更新日  平成30年2月20日  印刷

外国人住民に関する制度が変わりました

2012年(平成24年)7月に外国人登録制度は廃止され、住民基本台帳法の一部改正により、外国人住民の方も住民基本台帳に登録される新しい制度が開始されました。

住民登録の対象になる外国人の方

新しい制度では、外国人住民についても住民基本台帳法の適用対象に加えられ、住民票が作られることになりました。住民票が作られる方、作られない方は次のとおりです。

住民票が作られる外国人の方(適法に3カ月を超えて在留する外国人の方で、住所を有する方)

中長期滞在者

(在留カード交付対象者)

日本に在留資格をもって在留する外国人で、入国管理局から在留カードを交付されている方

特別永住者

(特別永住者証明書交付対象者)

入管特例法に定められている特別永住者の方

注記:特別永住者証明書が交付されます

一時庇護許可または仮滞在者

 

入管法の定めにより、一時庇護のための上陸を許可された外国人や難民認定申請を行い、仮の滞在を許可された外国人
出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者

外国人となった事由が出生や日本国籍喪失である方

(その事由が生じた日から60日までの間は在留資格を有することなく在留することができます。)

住民票が作られない外国人の方

  • 3ガ月以下の在留期間が決定された方
  • 短期滞在の在留資格が決定された方
  • 外交または公用の在留資格が決定された方
  • そのほか、法務省令で定めるものに該当する方
  • 在留資格を有しない方(不法滞在、オーバーステイなど)

「在留カード」「特別永住者証明書」への切り替えについて

これまでの「外国人登録証明書」に代わり、中長期在留者には「在留カード」が、特別永住者には「特別永住者証明書」が交付されます。
注記:中長期在留者とは、観光目的など短期滞在者などを除く、3カ月を超えて在留期間が決定された方のこと

外国人登録証明書は、新制度開始後も下記の期間内は「在留カード」「特別永住者証明書」とみなして、継続利用ができますが、「外国人登録証明書」から「特別永住者証明書」への切り替えの期限は、下記のとおりとなっています。

永住者の方

永住者の方の「外国人登録証明書」は、平成27年(2015年)7月8日をもってすべて有効期限が終了しています。

対象となる方 切り替える期限
平成24年(2012年)7月9日に16歳以上であった方 平成27年(2015年)7月8日まで

平成24年(2012年)7月9日に16歳未満であった方で

平成27年(2015年)7月8日までに16歳の誕生日が到来した方

16歳の誕生日まで

平成24年(2012年)7月9日に16歳未満であった方で

平成27年(2015年)7月9日以降に16歳の誕生日が到来した方

平成27年(2015年)7月8日まで

特別永住者の方

特別永住者の方は、「特別永住者証明書」への切り替えを市役所の窓口で行ってください。

対象となる方 切り替える期限

16歳以上の方で

次回確認(切替)申請期間が平成27年(2015年)7月8日までに到来する方

平成27年(2015年)7月8日

16歳以上の上記以外の方

次回確認(切替)申請期間の始期とされた誕生日

 

16歳未満の方

16歳の誕生日

特別永住者・永住者以外の在留資格の方

対象となる方 切り替える期限

16歳以上の方

 

在留期間の満了日まで
16歳未満の方      

在留期間の満了日まで

または、16歳の誕生日のいずれか早い日まで

 

市役所や入国管理局への届け出方法について

住所変更に関する届け出

新しい制度では、これまで住んでいた市区町村に転出届をして転出証明書を受け取った後、新しい住所の市区町村に転出証明書を持っていって転入届をすることになります。
届出には、世帯全員の在留カードまたは特別永住者証明書とパスポート(お持ちの方のみ)を必ずお持ちください。
また、国外に転出する場合は、再入国許可を得ている場合であっても、転出の届出が必要になります。

在留資格などの変更届

在留資格や在留期間の変更について、現在は入国管理局と市役所の両方に届け出が必要ですが、新しい制度が始まってからは入国管理局への届出だけで済みます。
注記:特別永住者の方については、今までどおり市役所で届出を受け付けます。

外国人登録法が廃止されました

平成24年7月9日に外国人登録法は廃止され、外国人登録の情報を記載してある「外国人登録原票」は、各市区町村から国(法務省)へ移管されました。そのため、今まで市役所で発行していた「登録原票記載事項証明書」は発行されなくなりました。
居住歴、氏名・国籍の変更履歴や上陸許可年月日など、以前の外国人登録に係る開示請求については、ご本人が直接、法務省に行うことになります。

詳しくは、下のリンク先「総務省ホームページ」・「法務省入国管理局ホームページ」をご覧になるか、お問い合わせください。

問い合わせ:法務省秘書課個人情報保護係 電話:03-3580-4111

一般永住の申請や在留期間更新などの手続きについては、東京入国管理局へお問い合わせください。

問い合わせ:
東京入国管理局 東京都港区港南五丁目5番30号
電話:03-5796-7112

インフォメーションセンター
電話:0570-013904

問い合わせ

市民課住民記録係 電話:047-712-6267

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

市民課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所1階)
電話:047-712-6265
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る