エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 生涯学習・スポーツ・交流 > 地域活動・交流 > 市民活動支援 > 浦安市市民総合補償保険


ここから本文です。

浦安市市民総合補償保険

ページID K1028455 更新日  令和2年3月31日  印刷

浦安市市民総合補償保険

市では、市民の皆さんが安心して市民活動を行うことができるよう、市民活動中に発生した損害賠償事故や傷害事故について補償するため、「市民総合補償保険」に加入しています。
 

補償の対象となる活動

市が主催・共催する事業または市民団体等が行う事業における社会活動、青少年育成活動、社会福祉活動、社会奉仕活動、社会教育活動、自治会活動等で、本来の職場を離れて自由意志のもとに行う継続的、計画的又は臨時の公益性のある直接的活動が対象となります。ただし、有償で行う活動(参加費の費用弁償は除く)並びに、政治、宗教および営利を目的とした活動は対象となりません。
また、この保険は、市民活動を行う方の万が一の事故を救済するものであり、事前に補償をお約束するものではありませんので、必要な範囲で団体ごとに保険に加入することをおすすめします。

(1)賠償責任事故

指導者等の過失により当該市民活動に参加している者及び第三者の生命もしくは身体を害した場合又は財物を滅失、き損もしくは汚損したことにより損害を与え、当該指導者等から損害賠償を求められ、損害賠償対象者が法律上の損害賠償責任を負う事故をいいます。(活動のために提供した飲食物に起因する損害賠償責任を含む)

賠償補償対象者

市、市が出資した法人、またはこれに準ずる団体、市民団体、市民活動の指導者及び市民活動のスタッフ

保険の対象外となるもの
  • 市民団体の構成員又は市民の故意によるもの。
  • 市民団体の構成員又は市民が所有し、使用し、又は管理する自動車等又は動物によるもの。
  • 戦争、革命、内乱、労働争議又は騒じょうによって生じたもの。
  • 地震、噴火、津波、洪水その他自然現象に起因するもの。
  • 海外(日本国以外)で発生したもの。

(2)傷害事故

傷害補償対象者が市民活動従事中(自宅から集合地又は出発地まで、集合地又は出発地から解散地まで及び解散地から自宅までの移動を含む。)に急激且つ偶然な外来の事故により死亡し又は負傷した事故により死亡し又は負傷した事故をいいます。

傷害補償対象者

市民活動の指導者、スタッフ及び参加者
(注記:参加者とは、市民活動に参加する者をいい、活動の観覧者や応援者は含みません。)

保険の対象外となるもの
  • 市民団体の構成員又は市民の故意によるもの。
  • 市民団体の構成員又は市民の自殺行為、犯罪行為又は闘争行為によるもの。
  • 市民団体の構成員又は市民の自動車等の酒酔い運転又は無資格運転によるもの。
  • 戦争、革命、内乱、労働争議又は騒じょうによって生じたもの。
  • 地震、噴火、津波、洪水その他自然現象に起因するもの。
  • 海外(日本国以外)で発生したもの。
  • 山岳登はん(登山用具を使用するもの。)、リュージュ、ボブスレー、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗、超計量動力機(モーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機等)搭乗、ジャイロプレーン搭乗、その他これらに類する危険な運動。
  • 車輌、船舶若しくは航空機に搭乗又は運転、操縦している間。
  • 社会体育活動(練習、試合、合宿、遠征中等)参加者の傷害事故(指導者及びスタッフは除く)
  • その他、保険契約に係る保険契約ならびに各種特約及び各種特約条項において免責される事故

(3)特定疾病

傷害補償対象者が市民活動従事中(自宅から集合地又は出発地まで、集合地又は出発地から解散地まで及び解散地から自宅までの移動を含む。)に特定疾病の発症により死亡し又は負傷した事故をいいます。特定疾病とは、日射病、熱中症(熱射病)及びO-157等の細菌性食中毒をいいます。

保険の対象外となるもの
  • 市民団体の構成員又は市民の故意によるもの。
  • 市民団体の構成員又は市民の自殺行為、犯罪行為又は闘争行為によるもの。
  • 海外(日本国以外)で発生したもの。

 

保険のてん補限度額

(1)賠償責任事故

区分

てん補限度額

身体賠償

1人6,000万円

1事故2億円

財物賠償(施設賠償及び生産物賠償) 1事故100万円
受託物賠償 1事故100万円

免責金額(自己負担額)は、1事故について身体賠償・財物賠償・受託物賠償とも5,000円とします。
保険期間中の支払限度額は、身体賠償(生産物賠償)は2億円、財物賠償(施設賠償)は無し、財物賠償(生産物賠償)・受託物賠償は100万円とします。

(2)傷害事故

区分

補償金額

死亡補償

(傷害により、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡したとき)

1人500万円

後遺障害補償

(傷害により、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡したとき)

1人15万円から500万円

入院補償

(事故の日からその日を含めて180日以内の入院で、180日を限度)

1人1日3,000円

手術補償

(事故の日からその日を含めて180日以内に受けた手術)

手術の種類に応じて、入院補償金の
日額の10倍、20倍又は40倍の額

通院補償

(事故の日からその日を含めて180日以内の通院で、90日を限度)

1人1日2,000円

入院補償金及び通院補償金は、1日目から給付します。
入院・通院補償金の支払は、入院・通院合わせて180日を限度とします。

(3)特定疾病

区分 補償金額

死亡補償

(特定疾病により、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡したとき)

1人500万円

高度障害補償

(特定疾病により、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡したとき)

1人15万円から500万円

入院補償

(事故の日からその日を含めて180日以内の入院で、180日を限度)

1人1日3,000円

通院補償

(事故の日からその日を含めて180日以内の通院で、90日を限度)

1人1日2,000円

入院補償金及び通院補償金は、1日目から給付します。
入院・通院補償金の支払は、入院・通院合わせて180日を限度とします。
特定疾病事故において、高度障害補償金が支払われた場合には、死亡補償金は支払われません。

事故が起こった際の手続き方法

必要書類の提出などについては、当該市民活動や市民活動団体に関する事務を所管する部署にて行います。
担当部署からお渡しする事故報告書に必要事項を記入し、活動内容が確認できる書類と一緒にご提出ください。
その後、市が対象となる活動であると認める場合に、保険会社から保険金の請求に必要な書類をお送りします。
保険金の請求にかかる書類を提出した後は、保険会社が対象となる事故であると認められる場合に保険金が支払われます。

よくあるお問い合わせ

Q.今後、市民活動を行う予定ですが、この保険があれば自分たちで保険をかける必要はありませんか?
A.この保険は、市民活動を行う方の万が一の事故を救済するものであり、事前に補償をお約束するものではありませんので、必要な範囲で団体ごとに保険に加入することをおすすめします。

Q.市民総合補償保険が適用になるなら、現在加入している保険を解約しても大丈夫ですか?
A.この保険は、広く市民活動を行う方の万が一の事故に対応するため、最低限の補償を確保する制度です。ご自身の団体の活動内容に見合った補償範囲の保険をご検討ください。なお、当制度は傷害事故に関しては任意で加入した保険と併用できる場合があります。
 

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民参加推進課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所3階)
電話:047-712-6059
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る