エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税に関する各種申請 > 住宅の耐震改修による減額申請


ここから本文です。

住宅の耐震改修による減額申請

ページID K1000307 更新日  令和1年5月30日  印刷

平成18年1月1日から令和2年3月31日までの間に、昭和57年1月1日以前に建てられた住宅について、一定の耐震改修工事を行った住宅は、申請により固定資産税(家屋)の減額措置を受けられます。

対象

昭和57年1月1日以前から存在していた住宅で、平成18年1月1日から令和2年3月31日までの間に一定の改修工事を行った住宅(賃貸住宅を除く)

減額内容

改修工事完了の翌年度から、固定資産税(家屋)を下記期間につき2分の1減額(床面積120平方メートルを限度)

  • 平成18年1月1日から平成21年12月31日:3年間
  • 平成22年1月1日から平成24年12月31日:2年間
  • 平成25年1月1日から令和2年3月31日:1年間

注記:長期優良住宅に認定された場合は3分の2減額(平成29年4月1日から令和2年3月31日までに改修工事を行った場合のみ)

注記:建築物の耐震改修の促進に関する法律に掲げる通行障害既存耐震不適格建築物に該当する住宅で、令和2年3月31日までに改修されたものについては、改修工事完了の翌年度から2年間(長期優良住宅に認定された場合は、翌年度分を3分の2減額、翌々年度分を2分の1減額)

減額要件

  1. 建築基準法に基づく現行の耐震基準に適合する改修工事であること
  2. 耐震改修工事に要した費用の合計が50万円超であること

手続きの方法

固定資産税課へ改修工事終了後3カ月以内に申告してください。

必要書類

  1. 住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額申告書
  2. (市が工事内容を証明する場合)住宅耐震改修証明書
    (市以外が工事内容を証明する場合)増改築等工事証明書
  3. 領収書(耐震改修工事に要した費用を確認できるもの)の写し
  4. (長期優良住宅の認定をされた場合)長期優良住宅の認定通知書の写し

そのほか

バリアフリー改修や省エネ改修による減額期間内は同時に減額措置を受けることができませんのでご了承ください。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

固定資産税課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所2階)
電話:047-712-6065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る