エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 子育て・教育 > 子育て支援・手当・予防接種 > 子育て・ひとり親家庭に関する手当・助成 > 新型コロナウイルスの感染防止に向けた子育て支援(手当・助成)に関する手続きの郵送対応について


ここから本文です。

新型コロナウイルスの感染防止に向けた子育て支援(手当・助成)に関する手続きの郵送対応について

ページID K1029280 更新日  令和3年11月4日  印刷

新型コロナウイルス感染症への感染防止の観点から、以下の手続きを原則郵送にて受け付けを行います。
申請方法については以下のとおりです。

児童手当

認定請求(出生や転入時の申請)の申請方法について

申請前にするべきこと

  • 出生届の提出(浦安市役所の場合、1階の市民課に提出します。)
  • 生計の中心者の確認(児童手当の振込先になるのは、父母のうち所得の高い方です。)

申請書の記入

  • 1人目を出生もしくは転入:認定請求書
  • 2人目以降を出生:額改定届

提出書類の準備

  • 請求者(=生計の中心者)名義の預金通帳又はキャッシュカードの写し
  • 請求者(=生計の中心者)の健康保険証の写し

郵送の場合は、コピー機などで写しをご用意ください。

注記:
郵送で申請する場合は、〒279-8501 浦安市猫実一丁目1番1号 浦安市役所こども課給付係児童手当担当へ

医療費助成

子ども医療費助成受給券交付申請(出生や転入の時、子ども医療費の発券を行う手続き)

浦安市子ども医療費助成受給券を郵送で手続きを行う場合、「浦安市子ども医療費助成受給券交付申請書」を記入し、対象のお子さまの健康保険証の写しを添付したうえで、下記担当宛に郵送してください。

宛先:
〒279-8501 浦安市猫実一丁目1番1号 浦安市役所こども課給付係子ども医療費担当

償還払い(子ども医療費・ひとり親医療費)

償還払いとは、いったん病院などの窓口で支払った後にお手元の領収書をこども課へ提出することで、自己負担額を除いた額を後日助成する制度です。それぞれ対象となる医療費助成制度と申請用紙は以下のとおりとなります。

  • 0歳から中学校3年生までの子どもの医療費:子ども医療費助成金交付申請書
  • ひとり親家庭の医療費:ひとり親家庭等医療費等助成申請書

手続き方法は添付の「償還払い郵送申請の流れ」を参考に、申請書をご自身で印刷のうえ申請をお願いします。

領収書(原本)の返却をご希望される方は必ずお読みください

原則、領収書は原本を回収しておりますが、確定申告の医療費控除を申請する方に限り、原本と写しを確認のうえ原本を返却しております。ただし、税申告の適正性を確保する観点から、確定申告の医療費控除を申請することができない「自己負担額が0円」(市から医療費の全額を助成されるもの)の領収書の原本は返却不可となりますので、あらかじめご了承ください。

領収書(原本)を返却可能な場合

  1. 自己負担額がある場合(小・中学生の入院1日あたり200円、通院1回あたり200円など)
  2. 保険適用外の医療費がある場合

領収書(原本)を返却不可な場合(市から医療費の全額を助成されるもの)

  • 子どもの医療費で調剤のみの領収書
  • 未就学児の保険診療のみの領収書
  • 小・中学生の非課税世帯の領収書

上記をあらかじめご了承のうえ、ご対応をお願いします。

注意事項

  • 申請に不備があった場合、手当などの支給ができませんので、申請前に記載漏れがないよう確認をお願いします。また、不備があった場合はこちらからご連絡しますので、ご対応のほどよろしくお願いします。
  • 上記以外の手続きも原則郵送で対応いたしますので、こども課給付係までご相談ください。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

こども課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所2階)
電話:047-712-6424
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る