エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 子育て・教育 > 子育て支援・手当・予防接種 > 乳幼児の予防接種・健康 > 予防接種 > 特別な疾病により定期予防接種の機会を逃してしまった方へ


ここから本文です。

特別な疾病により定期予防接種の機会を逃してしまった方へ

ページID K1008707 更新日  平成30年4月1日  印刷

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったことなどによりやむを得ず定期の予防接種の機会を逃してしまった方は、その事情がなくなった日から起算して2年を経過するまでは公費で予防接種ができます。

なお、ジフテリア、百日せき、急性灰白髄炎(ポリオ)および破傷風については15歳に達するまでの間、BCGについては4歳に達するまでの間、Hib感染症については10歳に達するまでの間、小児の肺炎球菌感染症については6歳に達するまでの間となります。

予防接種前に手続きが必要となりますので、詳しくは母子保健課までお問い合わせください。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

母子保健課
〒279-0004 千葉県浦安市猫実一丁目2番5号(健康センター1階)
電話:047-381-9034
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る