エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 健康・福祉・保険 > 健康づくり・感染症などの予防 > 健康づくり > 食育


ここから本文です。

食育

ページID K1029212 更新日  令和3年6月18日  印刷

食でつながる元気なこころとからだを育むまち

生涯にわたり健康で心身ともに豊かな生活を送るためには、「食」について正しい知識を身につけ、それを実践することが「元気なからだ」を育みます。また、普段から「食」を楽しみ、さまざまな体験をすることで「元気なこころ」を育みます。そのような食育の取り組みを推進するために、各関係機関が「食」でつながり、食育の輪を広げていきます。

ベジライフのすすめ 「あと1皿野菜料理を食べよう!」

「あと1皿野菜料理を食べよう!」を、すすめる理由

平成31年3月に「健康うらやす21(第2次)中間年改訂版」を策定、「糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防・悪化防止」が健康課題のひとつと挙げられました。 浦安市民の食の現状をみると「主食・主菜・副菜の3つをそろえて食べることが1日に2回以上あるのがほとんど毎日の人の割合は38.2%」、「野菜量(350グラム以上/日)をほとんど毎日摂取している人の割合が23.9%」となっています。野菜にはさまざまな栄養素が含まれ、例えば食物繊維は食後の血糖値が上がるのをゆるやかにするなどの働きがあります。また、「平成30年国民健康・栄養調査の結果」では、野菜摂取量の平均値は281.4グラムであり、1日の摂取目標量350グラム以上から約70グラム少なくなっています。野菜料理の1皿の量(野菜サラダ、おひたしなど)の平均も約70グラムとなるため、「あと1皿野菜を食べよう!」を目標として、情報提供をすることにしました。

健康維持に必要な野菜量の摂取頻度

野菜の主な栄養素と働き

レシピの紹介をします

手軽にベジライフをはじめられる野菜のレシピです

身近な野菜と調味料を使ったレシピを紹介します。

トマトの肉巻き
トマトの肉巻きです。

ブロッコリーの温サラダ
ブロッコリーの温サラダです。

時短レシピです

電子レンジだけでつくれるレシピもあります。

カルシウムがたっぷりとれるレシピです

おいしくカルシウムをとりましょう。

カルシウムレシピ
油揚げと桜えびの混ぜご飯・じゃがいもと鯖のハンバーグ・切干大根のサラダです。

丸ごとレシピです

丸ごとレシピでフードロスをなくしましょう。

朝ごはん向きのレシピです

朝食を食べて1日の生活リズムを整えましょう。

ちばの食材を使ったレシピです

ちばの恵みご膳 浦安バージョン
ちばの恵みご膳 浦安バージョンです。

食育に関する情報です

食育に関する情報をリンクしました。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康増進課
〒279-0004 千葉県浦安市猫実一丁目2番5号(健康センター1階)
電話:047-381-9059 ファクス:047-381-9083
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る