エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 届け出・税・生活 > 人権・男女共同参画 > パートナーシップ宣誓制度 > 浦安市パートナーシップ宣誓制度(令和3年5月スタート)


ここから本文です。

浦安市パートナーシップ宣誓制度(令和3年5月スタート)

ページID K1031565 更新日  令和3年5月1日  印刷

人権が尊重され、多様な個性や価値観を認め合い、誰もが地域の中で生き生きと暮らしともに支え合う社会を目指し、性自認(注記1)や性的指向(注記2)に係る性的マイノリティの自由な意思を尊重する「パートナーシップ(注記3)宣誓制度」を創設しました。

注記1:性自認とは、自分がどの性別であるか、またはないかということについての認識をいいます。
注記2:性的指向とは、恋愛感情や性的な関心が主にどの性別に向いているか、またはいないかをいいます。
注記3:パートナーシップとは、一方または双方が性自認や性的指向に係る性的マイノリティである二人の者が、互いを人生のパートナーとし、日常生活において、経済的、物理的および精神的に協力し合うことを約した関係をいいます。

制度の施行日

令和3年5月1日

パートナーシップ宣誓制度とは

戸籍上の性別にとらわれず、お互いを人生のパートナーであるとするお二人がパートナーシップ宣誓を行ったことに、市が宣誓書受領証を交付し、公的に証明します。

法律上の婚姻とは異なり、法的な権利および義務が発生するものではないため、相続や税の控除などの法律上の効果はありませんが、お二人の意思を尊重するとともに、自分らしく地域の中で生き生きと暮らしていただくことを浦安市が応援するものです。

この制度の導入により、性的マイノリティに対する社会的な偏見や差別をなくし、性の多様性への理解促進を図っていくものです。

宣誓をすることができる方

宣誓するには、お二人とも以下の項目をすべて満たしている必要があります。

  • 満20歳以上であること
    (民法の改正により、2022年4月1日以降は「満18歳以上」となる予定です。)
  • 住所について、次のいずれかに該当すること
    ア 双方が市内に住所を有していること
    イ 一方が市内に住所を有し、かつ、他の一方が3カ月以内に市内への転入を予定していること
    ウ 双方が3カ月以内に市内への転入を予定していること
  • 双方に配偶者がいないこと(婚姻していないこと)
  • 双方に他の一方以外の者とのパートナーシップがないこと
  • 双方が近親者(直系血族または3親等以内の傍系血族(養子と養方の傍系血族を除く)もしくは直系血族の姻族をいう)でないこと
  • 双方が浦安市パートナーシップの宣誓の取り扱いに関する要綱に基づく宣誓の取り消しを受けたことがないこと

宣誓の流れ

パートナーシップ宣誓の予約から、宣誓書受領証の交付までは、以下の流れとなります。

宣誓手続きの予約

事前予約について

宣誓を希望する日の3カ月前から7日前までに、必要書類を揃え、来庁または電話、Eメールでご予約ください。(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く。)

連絡先

浦安市企画部多様性社会推進課
浦安市猫実1-1-2 文化会館2階
電話:047-712-6803(平日午前9時から午後5時までにご連絡ください)
Eメールアドレス:tayousei@city.urayasu.lg.jp

パートナーシップの宣誓

  • 予約日時に多様性社会推進課へお二人そろってお越しいただきます。
  • 必要書類(「宣誓に必要な書類」に記載)をご持参ください。
  • 予約時の申し出により、親族、第三者の同席も可とします。
  • 市の職員の前で「パートナーシップ宣誓書」に自署し、ご提出いただきます。

宣誓書受領証の交付

  • 要件を満たしている場合、宣誓書受領証(A4サイズはお二人で1部、カードはお二人にそれぞれ1部ずつ)を即日交付します。
  • 書類に不備がある場合には、後日改めて手続きをお願いする場合があります。
  • 性別違和など、特別な理由があると認められる場合は、宣誓書などにおいて通称名を利用することができます(必要書類は「宣誓に必要な書類」に記載)。

注記:浦安市に転居前の場合は、「パートナーシップ宣誓書受付票」をお渡しします。浦安市へ転入後、住民票の写しをもって宣誓書受領証を交付します。

宣誓に必要な書類

パートナーシップを宣誓するには、「浦安市パートナーシップ宣誓書」への署名のほか、要件確認と本人確認のため、以下の書類が必要です。

  1. 住民票の写し
  2. 戸籍の全部事項証明書または謄本
  3. 本人確認ができる書類(運転免許証、旅券(パスポート)など)

注記:1・2は、3カ月以内に発行されたものとしてください。
注記:通称名の使用を希望する場合は、日常生活においてその通称名を使用していることが確認できる書類(社員証や学生証、法人が発行した身分証明書など、社会生活上日常的に使用していることが客観的に明らかになる資料)をお持ちください。

再交付・記載事項の変更・返還について

宣誓書受領証の再交付などを申請する場合には、事前に電話又はメールでご予約ください。

パートナーシップ宣誓書受領証の再交付

  • パートナーシップ宣誓書受領証(書面およびカード)の紛失や破損、汚損、氏名の変更、通称の使用開始などの事情により、再交付を希望される場合には、「パートナーシップ宣誓書受領証再交付申請書」を提出してください。
  • 再交付申請書の提出時には、「宣誓に必要な書類」の「3.本人確認ができる書類」の提示が必要です。
  • 再交付は宣誓日から20年以内であれば可能です。

パートナーシップ宣誓書の記載事項の変更

  • 住所変更など、宣誓書の記載事項に変更があった場合は、「パートナーシップ宣誓書記載事項変更届」を提出してください。
  • 変更届の提出時には、変更の事実を証する書類(例:住所変更の場合は住民票の写し)とともに、パートナーシップ宣誓書受領証を提示してください。

 注記:浦安市外へ転出した場合は、パートナーシップ宣誓書受領証を返還していただきます。

パートナーシップ宣誓書受領証の返還

次のいずれかに該当する時は、パートナーシップ宣誓書受領証(書面およびカード)を添えて、「パートナーシップ宣誓書受領証返還届」を提出してください。

  1. 宣誓に係るパートナーシップが解消された時
  2. 宣誓者の一方が死亡した時
  3. 宣誓者の一方又は双方が市外に転出した時
  4. 前記「宣誓をすることができる方」の要件に該当しなくなった時
  5. パートナーシップ宣誓書受領証の返還・廃棄を希望する時
  6. 市長がパートナーシップ宣誓書受領証の返還が必要と認める時

注記:紛失などにより、パートナーシップ宣誓書受領証の返還ができない場合は、ご予約をいただいた時にその旨をお伝えください。

パートナーシップの宣誓をした方が利用できる行政サービス

  • 浦安市災害等見舞金の申請(令和3年5月1日から)
  • 浦安市墓地公園利用の申請(令和3年5月1日から)

多言語の資料

外国人の方にも制度の内容をご理解いただくために、翻訳資料を作成しました。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

多様性社会推進課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番2号(文化会館2階)
電話:047-712-6803 ファクス:047-353-1145
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る