エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 健康・福祉・保険 > 高齢者支援 > 介護保険 > 居宅介護住宅改修・介護予防住宅改修(事前と事後に申請が必要)


ここから本文です。

居宅介護住宅改修・介護予防住宅改修(事前と事後に申請が必要)

ページID K1032716 更新日  令和3年6月14日  印刷

制度の概要

介護が必要な方が、より安全な生活を送れるように住宅を改修する場合、被保険者の負担割合に応じ、介護保険の対象となる工事について後日改修費用の一部が支給されます。

申請の方法

対象となる工事

  • 手すりの取り付け
  • 段差や傾斜の解消
  • 滑りにくい床材、移動しやすい床材への変更
  • 開き戸から引き戸などへの扉の取り替え、扉の撤去
  • 和式から洋式への便座の取り替え

事前申請

  • ちば電子申請サービスから、事前申請書をダウンロードし、必要書類を添えてご申請ください。
  • 必要書類の一つである理由書を作成できる方は、ケアマネージャーや福祉住環境コーディネーター2級以上の方などに限られます。
  • 介護保険課での審査後、施工着手についてご連絡します。

事後申請

  • ちば電子申請サービスから、事後申請書をダウンロードし、必要書類を添えてご申請ください。
  • 事後申請の審査後、申請書記載の口座に負担割合に応じた改修費を支給します。

注意事項

  • 住宅改修に係る費用の支給は、要介護認定で、要支援1・2、要介護1から5を認定された方が対象です。支給を受けたい場合には、事前に介護認定の申請を行い、認定の審査を受けてください。
  • 必ず施工を行う前に申請し、介護保険課からの確認を受けてから施工してください。確認を受けずに施工した場合、申請書の提出があったとしても、改修費の支給は行いません
  • 申請時に申請書の内容について市から質問をする場合がありますが、その場でお答えいただけず、審査に時間を要するケースが増えています。そのため、申請内容をよく理解している方が窓口に来ていただきますよう、ご協力をお願いします。
  • 支給限度額は20万円(1割負担の場合、18万円)で、上限内であれば分割することが可能です(令和元年度に10万円の工事をして、令和2年度に5万円、令和3年度に5万円の工事を行うなど)。また、上限を超えた場合でも、住所を引っ越した場合、介護認定が著しく高くなった場合には、再度申請を行うことができます。

このページが参考になったかをお聞かせください。

質問1:このページの内容は参考になりましたか?

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3:このページは見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

介護保険課
〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号(市役所3階)
電話:047-712-6403
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る